Acer Aspire 5535および5735、15.6インチスクリーンノートパソコン

ラップトップ-acer-aspire5535-

あなたはよく読みます。15.4インチスクリーンはノートブックで最も一般的な測定方法ですが、Acer Aspire 5535Acer Aspire 5735はどちらも15.6インチスクリーンを備えていますAcerジェムストーンブルーファミリーのより大きな(したがってより重い)画面に頼らずに自宅高解像度楽しみたいホームユーザー向けに意図したこれら2つのモデル内の好奇心。

したがって、両方の重量は2.7キロです。我々が見てきたことをすべてのホームノートPCと同じようにグローバルプレスカンファレンス台湾の企業が最近で開催されていることブダペスト、彼らはすべて、すでに古典的な要素を運ぶ宝石のデザイン:丸いエッジ、ケースの浮遊効果とAcerのロゴ、タッチコントロールをバックライト付きで少し目新しさ:タッチパッドはジェスチャーをサポートしています

Acer_Aspire_5535_5735

指を円形に動かすと、スクロールできます(従来の長方形の形状を維持しながら、Panasonicの新しいToughbookで見たように)。少しピンチすると、iPhoneと同じように写真拡大できます。詳細で非常に一般的なマルチタッチのMacBookからアップル見つけることが、より困難なパソコン、すなわち、との仕事のコンピュータ上のWindows

冒頭で述べたように、これらは高解像度に焦点を当てているため、16:9のパノラマ比率と1366 x 768ピクセルの解像度の画面を備えています。つまり、「HD対応」ディスプレイです。ただし、リビングルームのテレビに接続するためのHDMI出力がなく、Blu-rayディスクリーダーも組み込まれていません。CDとDVDしか受け付けないためです。それらは、最大320 GBの容量を持つハードドライブ(インターネットダウンロードを参照)に保存するコンテンツを自分の画面に表示するようになっています。

名前は別として、どちらのモデルもプロセッサとグラフィックカードで区別されます。この方法では、エイサー熱望5535は、その前身をきっかけに、次のアスパイア5530いわゆるを利用して、プーマのプラットフォーム:AMDのTurion X2ののプロセッサと2.5 GHzのスピードキャップとATIのRadeon HD 3200グラフィックスカードに256メガバイトのメモリビデオの。

エイサー5735、一方、のためのOPTS Montevinaのプラットフォーム:のCentrino 2プロセッサ(の多種多様なインテルCore 2 Duoプロセッサ、最大速度で2.2ギガヘルツ)と統合されたグラフィックス

インテルGMA 4500MHD。どちらも2〜4 GBのRAMメモリを搭載でき、ステレオスピーカー、3つのUSBポート、外部モニター用のVGA出力、メモリカードリーダー(SD、MMC、MS、MS Pro、xD)を備えています。

ACER_Aspire_5735

また、通常のワイヤレス接続(Wi-FiおよびBluetooth)を備えており、6セルバッテリーで3時間の自律を実現します。マルチタッチタッチパッドが特に注目を集める 2つの異なる選択肢。ただし、NVIDIA AForceグラフィックスカードは、少なくともAspire 5735では問題がなかったでしょう